忍者ブログ
〜 Mac Pro で映像編集 〜
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



メモリは DDR4-2666 の 32GB モジュールを 4枚。
合計128GB。

第3世代 Ryzen はメモリの速度がパフォーマンスに大きく影響するって言われてる。DDR4-3200以上を狙うべしとか。けど、それは実のところAPUに関してだろう。

CPUに関しては、メモリの速度はパフォーマンスにほとんど影響しないっていうレビューを信頼している。

2Rank メモリ 4枚挿して 2666MHz 動作。定格が望むところ。
PR


ホビー用PCを新調した勢いで、6年ぶりに編集用マシンを新たに組む。
Intel X79 から AMD X570 へ。
6コアから12コアへ。

Ryzen 9 3900X。
旧マシンと新マシンをこれまた新旧Cinebenchで比較。

CPUA8-3870K
4コア4スレッド
3.0GHz
Ryzen 5 2600
6コア12スレッド
3.4GHz
メモリDDR3-1600
4GB x4
DDR4-3200
8GB x2
HDDSATA SSD
256GB
M.2 NVMe SSD
256GB
ビデオカードRADEON RX560
2GB GDDR5
RADEON RX560
2GB GDDR5

数字を見ただけだと、CPUのスペックはそれほど見劣りしないように見えるんだけどなぁ。

それとメモリ帯域がちょうど倍になってる。7年たって、たったの2倍?


★Cinebench R15


A8-3870K
シングルのスコアが2ケタ


Ryzen 5 2600
これはもはや、ひと昔前のXeonワークステーションクラス


★Cinebench R20

A8-3870K
R20が回っただけでも驚き


Ryzen 5 2600
4倍超のスコア


うれしくなって、"OCTOPATH TRAVELLER" をインストール!
晴れてRADEON RX560を導入したホビーマシン。
軽めの3Dゲームなら動くようになって、ついつい上機嫌。

でもやっぱり、忘れることはできない。

さかのぼること、数日前。
手頃なRADEONを探してネットショップを巡っていた時、見つけたのです。

Ryzen 5 2600とMicroATXマザーボードのセットがジャスト2万円!

2万円?
なんか安くないか?
たしかに巷では、偉大なるRyzen 3000シリーズがこの世の春を謳歌している。
シングルスレッド性能が飛躍的に伸びてるっていうじゃないか。
それなのにいまさら2600?ないない。

と思っていた時期もありました。
いまここに、それはあります。




・ASUS TUF B450M-PLUS GAMING
・Crucial DDR4-3200 UDIMM 8GB x2
・Ryzen 5 2600


メモリも 8GB が2本で9000円と、相場としては史上最安レベル。
2016年の春ごろが一番安かったけど、その時と同じくらい安くなってる。

7年ぶりの更新。
ちゃちゃっと入れ替える。



ロゴにほれぼれする



メモリはJEDEC準拠のDDR4-3200の8GBを2枚



Windows 10はマザーボード上のM.2 NVMe SSDに入れた


もう一度、ドラゴンクエストXベンチ。

★ Ryzen 5 2600 + RADEON RX560 2GB GDDR5



おー、さらに倍になった!
もともとのA8-3870Kオンリーから考えると6倍超のスコアだ。

TDPでいうとA8-3870Kが100Wで、Ryzen 5 2600が65Wだから、このワットパフォーマンスは驚異的だ。

250WのTFX電源だけど、いまのところ問題なく動いている。
"Human: Fall Flat" がウルトラ設定でぬるぬるプレイできるようになったのが心からうれしい。
2012年8月にAMDで組んだマシンはHTPCケース(SilverStone LC11)に入ってることもあって、リビングのTVラックに収まっている。
Steamの2Dゲームを気軽にプレイしたり、いまでも活躍中。

・2012/08/09 AMDで組む - 前編 -
・2012/08/11 AMDで組む - 後編 -
・2012/08/11 AMDで組む - 番外編 -

ただいかんせん、CPUがA8-3870K。RADEON内蔵だからAPUか。
3.0GHzの4コアというとなかなかに思えるけど、実のところはやっぱり非力。
もう7年もたったから。

それでも "Cuphead" がぬるぬる動いたのには驚いたし、よくプレイするのは "Gato Roboto" とか "Human Resource Machine" だから、まあ十分といえば十分な性能なんだけど、"My Memory of Us" がなんかぎこちない感じ。

それにできれば "Silence" もプレイしたい。

よし、ビデオカードを増設しようと、ある日、思い立つ。

ただ、電源は250WのTFX電源だし、PCI-Expressの補助電源コネクタはない。
しかもCPUの消費電力は100Wだ。
たいそうなビデオカードは載せられない。

とはいえ、いまがA8-3870K内蔵のRADEON。飛躍的な性能向上は期待できる。

補助電源不要のビデオカードを探してみる。

・RADEON RX460
・RADEON RX550
・RADEON RX560
・GeForce GTX 1050
・GeForce GTX 1650

といったあたりか。(Zotac の GeForce GTX 750Tiは手放してしまいました)

GeForce GTX 1650がズバぬけて性能がいいけど、最近AMDは頑張ってるんで、ここはひとつ、AMD製で行きたい。

というわけで、RADEON RX560を購入。中古で数千円。16CUのもの。
これを増設。




なにぶん、CPUもマザーボードも古いので、古いベンチマークで測ってみた。
ドラゴンクエストXベンチ。

★A8-3870K内蔵

★ RADEON RX560 2GB GDDR5


約2.7倍。すごいね。
これで "Human: Fall Flat" も動くようになった。(中設定くらいで)

ブログ内検索
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
GiantGamaGaeru
性別:
男性
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 1080 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]