忍者ブログ
〜 Mac Pro で映像編集 〜
[1] [2] [3] [4] [5]
次期Mac OS X、バージョン10.11 (El Capitan) にて、標準搭載されるヒラギノ角ゴにウェイトが追加される、ということは前回書いた通り。

となると、興味はどのウェイトが追加されるか、にある。

Macお宝鑑定団のブログによると、「通常サイズにはない「W0」を含む、StdN仕様のW1、W2、W4、W5、W7、W9が加わり、フルサイズ仕様となる」らしい。

Macお宝鑑定団Blog:
OS X El Capitan採用フォント「筑紫A丸ゴシック、筑紫B丸ゴシック、クレー、ヒラギノ角ゴシック」について
(2015年6月12日)

本当だったらすごいね。

ちなみに、ProとStdのちがいは実装グリフ数にある。

千都フォント:
Std(スタンダード)とPro(プロ)ってなに?
ヒラギノOpenTypeに収容されるグリフ数は?

Pro:20317グリフ(Adobe-Japan1-5準拠)
Std:9354グリフ(Adobe-Japan1-3準拠)

まとめるとこうなる。

Adobe-Japan1-6準拠:23058
Adobe-Japan1-5準拠:20317 ← Pro
Adobe-Japan1-4準拠:15444
Adobe-Japan1-3準拠:9354 ← Std
PR
昨夜のWWDCで発表された次期Mac OS X、バージョン10.11 (El Capitan) には日本語フォントが追加されるといううれしいお知らせが。

新しい4つのフォントも魅力的だけど、それよりもヒラギノ角ゴに別のウェイトが加わるっていうほうが自分としてはとても喜ばしい。

現在、ヒラギノ角ゴはW3/W6/W8が標準で入ってる。
今度はぜひ、W1とW9を追加してほしい。
不要になったHDDを処分するにあたり、ディスクユーティリティで初期化。

「セキュリティオプション」で確実な消去(3回)を選択。

1TBの内蔵SATA HDDを初期化するのに7時間かかった。
Fin


















時間をかけて作っていたのがこんなものとは。
小さくしてくれなんて誰が言った?

こういう言い方はきらいだけど、まさにAppleの自己満足。

ただ Mac OS が動くすっからかんの四角い箱を作ってくれればよかったのに。

さよなら Mac OS。
これにておしまい。
Mac OS X 10.8.3 になって「DDC/CI通信」ができるようになったらしい。

SpectraView II でDVI接続のディスプレイを認識するようになった。
  HOME   次のページ >>
ブログ内検索
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
GiantGamaGaeru
性別:
男性
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 1080 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]